マンションにシロアリ対策を実施

マンションにシロアリが住み着いてしまうと資産価値が低下する

中古マンションにシロアリ~被害に遭う理由~

狙われるのは戸建てだけじゃない!

マンション

シロアリは建物に使用されている木材を食べてしまうため、一戸建て住宅だけでなくマンションやアパートなどの建物にも住み着いてしまいます。まずはマンションなどの建物にシロアリが発生する原因をチェックし、有効な対策を考えてみましょう。


投資用に中古マンションを購入したのですが、シロアリが発生しました。木造ではないのにどうして被害に遭うのですか?

シロアリは目を持っていないため、硬いものに接触するとその物体に沿って蟻道を作っていくことが多いです。そのためコンクリートや鉄筋などで作られている建物に住んでいても、シロアリは侵入してきます。そのままにしておくと断熱材や木材がボロボロになるので、マンションでシロアリを見かけた場合はなるべく早めに駆除を行ないましょう。
中古マンションでシロアリ対策をしたいのですが、特にシロアリに狙われやすい構造などがあれば教えて下さい。

建物の玄関部分は床下がなくすぐ木材へと到達することができるため、シロアリ被害が最も発生しやすい場所といえます。またマンションは各部屋の壁下部分が同じ構造になっており、床下収納などを行なう場所がないためシロアリを発見するのに時間がかかってしまうことが多いです。まずは駆除業者の方に施工や点検を依頼しましょう。

入居者の事を考えた対策~安全なシロアリ駆除方法とは~

シロアリ対策2つ

中古マンションなどを購入した際はシロアリ対策を実施し、購入した物件にシロアリが住み着かないように対処する必要があります。有効なシロアリ対策は2パターンあるので、まずはどういった効果があるのかを調べてみましょう。

バリア工法
床下などの場所に薬剤を散布することで、シロアリの侵入を防止するがバリア工法です。一般的には住宅の床下や柱などの木材に薬剤を散布しますが、場合によっては木材自体に穴を開けて薬剤を注入することもあります。
ベイト工法
シロアリは餌を発見すると仲間にその場所を伝達する習性があり、こうした習性を使って駆除を行なうのがベイト工法です。庭などの場所にコロニーを設置することで薬剤を巣へと持ち帰らせ、シロアリを死滅させる駆除方法になります。

床下がない中古マンションは…

一戸建て住宅は床下に収納庫などを作ることができるため、定期的に床下点検を行なうことが可能です。しかしマンションなどの建物は床下に十分な点検スペースがないため、点検を行なうことができません。そのためマンションでシロアリ点検を行なう場合はベイト工法を実施し、定期的にコロニーの状態をチェックすることで建物を監視していく必要があります。

中古マンションでシロアリ対策をする心得

マンションを活用して資産運用を行なう際はきちんとしたシロアリ対策を施し、所有している物件の安全性を高めておく必要があります。きちんとした対応で物件の管理を行なっていればシロアリの発生を防ぎ、物件の資産価値も向上させることが可能です。

TOPボタン